強度を調べる

引張試験により強度を調べる

材料の強度を調べる試験は多く存在していますが、その中でも最も基本的な試験が引張試験になるのです。引張試験をおこなう事で、その材料の強度が保たれているのかを調べる事ができるのです。特に金属製品を溶接した場合に、どの程度の強度があるのかを、調べるときにおこなわれる試験なのです。引張試験で強度を調べられる製品の特徴としては、重量や圧力がかけられる場所になるのです。クレーンやワイヤーなどの製品は、引張試験をおこなって強度を調べているのです。この試験がおこなわれないと、どの程度までその製品が持ちこたえられる性能があるのかが、わからないため非常に危険になるのです。重い荷物をクレーンで吊っても安全性が保たれているのは、この試験のおかげなのです。

明確に強度を知ることができる

引張試験によって、ワイヤーがどの程度までの重量のあるものを吊っても切れないのか判明しているのです。ですから作業者は安心して仕事をする事ができるのです。引張試験の手順としては、ひとつの製品につき5個ほどの製品を抜き出して、試験をする形になるのです。製品を引っ張りどの程度まで、製品が持ちこたえられるのか試験をおこなうのです。ですから試験により、明確に強度をしる事ができるのです。ただし現場で構造体に使用されている製品は、引張試験をおこなう事ができないのです。また引張試験の強度は、判明するまで数日を要するのです。引張試験をおこなう事によって、明確な強度が判明するため多くの製品がこの試験をする事によって、使われているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 2015 進化し続ける科学技術【テクノロジー革命】 All Rights Reserved.