泡で環境改善

環境を良くするために、現在は様々な機械や科学的物質があります。その中の1つに、マイクロバブルというものがあります。
マイクロバブルと言われても、そんな言葉は聞いたことがないという人も多く存在しています。
それは当たり前の事です。なぜなら、マイクロバブルは一般的に使われるものではなく、大きな工場などの現場でよく使用されているものだからです。
ではマイクロバブルがどのようなものであるかというと、名前の通りとても細かい泡のことを言います。それは普通に発生する泡よりも更に細かく出来ています。
数値にして表すと、一般的な泡が、直径数マイクロメートルから30マイクロメートル程度でできているのに対し、マイクロバブルは70マイクロメートルでできています。

マイクロバブルがなぜ工場などの現場で活躍しているかというと、マイクロバブルの性質が、水や機械を綺麗にする効果があるからです。マイクロバブルは、マイナスの電化を帯びており、そうするとプラスの電荷を帯びているものを付着させる効果があります。
つまり、タンクなどに水を入れ、そのタンクの底からマイクロバブルを発生させると、その水の中についたプラスの電荷を帯びた汚れを付着させ、水上に上がってくるため、汚れをふじょうさせることができます。そうすると、汚れを分離しやすくなるので、水や機械を綺麗にすることができます。
そのような用途で用いられています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 2015 進化し続ける科学技術【テクノロジー革命】 All Rights Reserved.